自転車保険について考える

最近都内近郊において、学校への通学や会社への通勤に自転車を利用する人たちが急激に増えているようだ。

これは、東日本大震災後に発生した停電や混乱によって電車やバスなどの公共の交通機関が完全に機能しなくなったことにより帰宅困難者が大多数発生したことや、最近のエコブーム、健康ブームが大きく影響したものだと考えられる。

これに伴い、自転車利用者のマナーの悪さや自転車事故の多発が、最近では多数テレビなどで報道されている。


今現在において、自転車に乗る事について免許や自転車保険の加入は一切必要とされていない。

そのため誰でも自転車を購入すれば、簡単に利用することができてしまう。

また、自転車の運転については本来、道路交通法が適用されるはずである。

しかし、自転車を利用する人や歩行者などの周りの人達、さらには警察の人たちも暗黙の了解ではないが、注意や取り締まりがゆるいといったことも事実としてあげられ、自転車における事故やマナーの悪さを増長させていることも事実である。


そういったことからも、自転車の運転についての規則を厳しくするなり自転車保険の加入を必ず必要にするといったことも必要になってくると思う。

また、今現在自転車に乗って事故を起こした場合は、保険等に入っていないため医療費などを自己負担として支払わなければならないが、大きな事故になった場合にはその負担をすることができないといったケースも増えてきているようだ。

そういったことを考えても自転車に乗ることにおいて、規制や自転車保険に入るといった事は検討したほうがいいと思う。

You can follow any responses to this entry through the feed.